深刻な大腸がん|救いの手は医師が差し伸べてくれる

先生

肺がんの様々な種類

doctor

喫煙は肺腺がんの直接的な原因ではありませんが、肺に大きな負担をかけるものなので、少しずつ禁煙するようにしていきましょう。規則正しい生活を送ることでがんを防ぐことができます。また、定期的に検診を受けることが大切です。

子宮頸部異形成

腹痛

子宮頸部異形成とは、子宮頸がんになる前段階の病変です。がんになることを促進する危険因子は、ヒトパピローマウイルスの感染や増殖を進める免疫抑制などです。子宮頸部異形成は、婦人科での子宮頸がん検診で見つけられます。軽度の異形成には経過観察が、中等度や高度の異形成には治療が必要です。

見つかりにくいがん

hospital

再発や転移することが多いすい臓がんは、自覚症状がほとんど無いという特徴もあります。その為、体に異常を感じていなくても定期的に検査を受けることが大切です。従来の検査では発見しにくいとされるすい臓がんも、ERCPやEUSといった内視鏡を使った最新の検査によって早期発見も可能になりつつあります。

検診や予防努力も大切です

doctor

各所で検診ができます

大腸がんは、一度発生すると、治療をしても再発する可能性などをもっている病気でもあります。そのため、治療後には、引き続き検診などを実施する必要があります。 また、食べ物の力を借りて、大腸内の免疫力を上げる方法などを実施する人も増えています。がん細胞と戦うための、NK細胞を活性化させるなども有効です。にんにくは、NK細胞を活性化して、大腸がんの再発を防ぐ働きが注目されています。効果的な摂取の仕方としては、生のままをみじん切りにして、電子レンジで加熱して一晩置くなどすると、有効成分も増加します。 大腸がん予防には、他にも、きのこ類や黒ゴマなどを利用して、料理に生かすと免疫力も高まる可能性がアップします。食べ物を利用して、大腸がんの予防をする人も増えています。

予防に食材も利用できます

大腸がんは、がんの中でも、発生する人も多いがんの一つになります。定期的な健康診断や、各種の検査で発見される事も多くあります。 大腸がんについては、がんのできた部位によって違いなどもありますが、進行するまで症状が余り感じられない、といった場合もあります。症状が進行してしまう以前に、定期的な検査を実施するのは、がんの早期発見に繋がります。そのため、大腸がん検査を積極的に実施する人も増えています。 大腸がんの場合には、早期発見をする事で、適切な処置、回復に繋がる可能性も高くなります。病院での検査、及び定期検診などを実施する事で、生存率も上がるといえます。地域で実施される、低額料金の検診などを利用する事もできます。早期発見のためにも、積極的に検診を受けましょう。