深刻な大腸がん|救いの手は医師が差し伸べてくれる

先生

肺がんの様々な種類

doctor

症状や特徴

肺がんは、肺がんの中でも腺がん、大細胞がん、小細胞癌など、いくつかの種類に分けられています。その中でも発症率の高いのが、肺腺がんです。肺腺がんは、女性の発症率が高く、禁煙者にも多く発症しているという傾向があります。喫煙していかないからといって肺がんにかからないとは限らないので気をつけなければなりません。肺腺がんは初期段階では症状が現れる事はほとんどありません。がんが進行していくにつれ、咳や血痰、胸の痛みなどの症状が出てきます。肺腺がんは肺の抹消部分に出来ることが多く、検査では比較的簡単に見つけることができます。しかし初期症状がないので、定期的にがん検診や健康診断などを受けることをお勧めします。

治療法

肺腺がんだと発覚した場合、その治療法としては、外科手術、放射線療法、薬物療法があります。外科手術では、がんのできている部分を切除します。術後は痰が増えたり、息切れしたりすることがあります。手術前に腹式呼吸をしたり体力をつけたりしておくと良いでしょう。次に薬物療法です。がん細胞の増殖を抑制する治療法です。しかし、抗がん剤を投与していくので、髪の毛が抜けたり激しい吐き気などの副作用が現れます。放射線治療ですがあまり行われる事はありません。ほとんどの場合が外科手術や薬物療法で治療されます。どの治療法が自分にとってベストなのか、医師と相談をしてから、治療を始めることが良いでしょう。肺がんは喫煙だけでなく生活習慣の乱れも原因となっています。自分の生活習慣を見直すことが、がんの予防や治療に一役買うのです。